業務の効率化に欠かせない事務机|デザイン性も機能性も抜群

男女

それぞれのタイプ

事務所

タイプにはどのようなもの

オフィスワークのなかでも事務机は実にいろんな種類があります。これから購入を考える中でそれぞれの目的やシーンに合わせて選びたいものです。種類から説明しますとおおまかに分けて「平机」と「片袖机」、「両袖机」の3つの種類があります。ほかにも角が90度になった「L字型机」も存在します。平机の特徴は、両サイドに引き出しが全くついていないことです。そのため書類が必要になる場合には多少不便にはなりますが、キャスターの付いた椅子を左右両サイドに動かす事が出来ます。事務机のなかでも片袖机と両袖机の共通点は、引き出しがついていることです。そのため書類を机上に整理しておく必要もなく机上が何もないままにすることができます。容量が欲しい場合は両袖机をお勧めします。

予算や従業員数にあわせて

選び方のコツとして事務机を購入する前は事前に予算をたてておきましょう。従業員が多ければ多い程大きなコストを必要とします。そのため従業員数をまず把握しましょう。把握したら1事務机あたりの予算をあらかじめ決めておきます。事務机には新品と中古があるので、予算と似合わない場合は中古のものを選ぶとよいでしょう。実際に見ていく中でいくつかのポイントがあります。デスク周りの大きさによってもオフィス空間の快適さを左右するため、必要な数と照らしあわせながら大きさをえらびたいものです。中古のものであったら、大きな傷やへこみがあるのかを見ておきたいものです。傷やへこみがあると、実際にデスクワークをしてかえって目障りを起こしたり図面を描く場合描きずらくします。

最近のオフィスのデザイン

社内

1日の大半を過ごすオフィスではオフィスレイアウトは大切かつ切実な問題です。このレイアウトのよしあしによってオフィスでの労働環境や労働効率が変わります。従業員の方がたの効率を考えたら、今そのオフィスレイアウトを見直す時期なのかもしれません。

詳細へ

家具選び

パソコン

事務机や椅子をはじめオフィス家具には実にさまざまなものがあります。それぞれ選び方にコツがあるので、ポイントをいくつかまとめてみました。購入後に失敗しないためにもショップに行く前には必ず抑えておきたいものです。

詳細へ

仕切るだけで変わる

オフィス

お客様が来るオフィスでは、書類や仕事をしている様子が見えないようにする必要があります。そこで利用したいのがパーテーションです。適切に区切ることで仕事に集中しやすくなりますし、必要に応じてレイアウトを変えられます。

詳細へ